All for One すべてはひとりのために。強く、美しく、逞しくをコンセプトにあなたの健康をトータルサポートいたします

menu

ブログ

勉強/国家試験問題/国家試験問題 ー キーワード ー/鍼灸
十二刺(じゅうにし)について

十二刺(じゅうにし)について

 

1 偶刺(ぐうし)

病態:心痹(胸痛、強い動悸)

特徴:背部と胸部の圧痛・反応点を探り、前後から1鍼ずつ刺す

 

2 報刺(ほうし)

病態:痛むところがあちこち動いて定まらない時

特徴:痛むところを手で追いかけて繰返し刺す。刺した鍼は抜かずにそのままとする。

 

3 恢刺(かいし)

病態:筋痹 筋がひきつる

特徴:筋にまっすぐ刺入したのち左右前後に方向を変えたり揺すり動かしたりする。

 

4 斉刺(せいし)

病態:寒気・痹気(冷え、痛み)の範囲が狭く深部にある時

特徴:その中心に一鍼、すぐ両側にそれぞれ一鍼ずつ一直線に並ぶようにさす。

一直線上に鍼が揃う。3本刺すので三刺とも言う。

 

5 揚刺(ようし)

病態:寒気の範囲が広く大きい時

特徴:その中心に一鍼刺し、四隅から中心に向かって水平に近い角度で刺す。

 

6 直鍼刺(ちょくしんし)

病態:寒気の浅い時

特徴:皮膚をつまんで引っ張りこれを刺す。直ちに刺す。

 

7 輸刺(ゆし)

病態:気の働きが盛んで熱のある時

特徴:真っ直ぐに深く刺し真っ直ぐに抜いて熱を瀉す。取穴は少なくする。

 

8 短刺(たんし)

病態:骨痹(骨髄が損なわれ骨痛み体重く、四肢重く挙げにくい)

特徴:鍼を揺すりながら深く刺して骨に至らせ、鍼で骨を上下にこする。

 

9 浮刺(ふし)  

病態:肌肉のひきつって冷える時

特徴:その傍らに斜めに刺す。

 

10 陰刺(いんし)

病態:寒厥(足先から冷感が膝や腰まで上がり、容易に下痢をする)

特徴:太渓に同時に刺入する。

 

11 傍鍼刺(ぼうしんし)

病態:経過が長く同じ部位の痹

特徴:痛みの中心に一鍼、そのすぐ傍らに一鍼刺す。

 

12 賛刺(さんし)   

病態:癰物(できもの、はれもの)

特徴:毫鍼、鋒鍼で何度も繰り返し浅く刺し出血させる。

 

 

古代刺法は『 霊枢・官鍼篇 』に「 三刺・五刺・九刺・十二刺 」記載あり

 

 

▽▽▽

AALLFORONE.代表のmiyahiro15です。

インスタ目指せ1000人フォローワー達成したら

⇒世界の子どもにワクチンを1000人に送ります。

instagramのフォローをよろしくお願いいたします😊